入居条件

療養病床に入る事ができる対象者は、65歳以上の方の中で要介護1以上の介護認定を受けている事が原則になります。これはあくまで原則ですので、要介護1以上の介護認定を受けていなくても入居できるような療養病床も存在しています。また、65歳以上の方の中で要介護1以上の介護認定を受けている方という条件の他にも伝染病などの疾患が無い事や病気での長期入院などを必要としないことなども条件にしている療養病床もありますので、事前にしっかりと確認しておく事が重要になります。

また、療養病床への申し込みが終ると療養病床の担当者との面談が必要になり、面談が終ると主治医意見書や診断書などに書かれた情報を元に療養病床に入居する方の健康状態であったり、どの程度の介護が必要なのかを調べた上で、多角的に入所判断が行われ、療養病床に入居できるかどうかが決定されます。

療養病床は、非常に人気も高く中々入れない療養病床も存在しますが、人気がある事がイコールで、療養病床を必要としているご家族にとってよい療養病床とは言えません。療養病床を選ぶ場合には、入居の条件を満たしている療養病床の中で、どの療養病床が一番合っているのかを真剣に確認する事が重要になってきます。